医療費の抑制と健康増進に関して

医療

医療について

医療費の抑制と健康増進に関して

膨らみ続ける日本の医療費は、財政を圧迫する状況になっています。
対策があるとすれば、健康診断を定期的に行って、病気の早期発見に努めることではないでしょうか。
とりわけ大切になるのが、死に直結するがんの検診ではないでしょうか。
この十年ほどで急速に増えているのが、男女共に大腸がんのようです。
要因は食生活の欧米化で、肉や魚を多く食べてしまうことで発症してしまいます。
これらを防ぐには、野菜を多く摂取することが重要ではないでしょうか。
40歳を超えると、年に一度は大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします。
小さなポリープであれば内視鏡で取り除くことが出来ますし、心身への負担も少なくて済みます。
事前の下剤を飲むことは大変ですが、命を守るためには内視鏡検査が欠かせません。
色々な部位で発症してしまうのががんですが、その大部分が早期の発見で治癒が可能です。
日本の医療費を抑制するには、国民の一人一人が強く自覚をすることしかありません。