医療費控除と住宅ローン控除を両方しておくメリット

医療

医療について

医療費控除と住宅ローン控除を両方しておくメリット

医療費控除と住宅ローン控除はどちらも節税対策することができる優遇税制ですが、住宅ローン控除を受けたときに所得税が全部還付されると医療費控除を申告しても節税にならないという話もありますが、住宅ローン控除で全額還付されても医療費控除申告もしておいた方がよいケースもあります。
所得控除は14種類あります。
所得控除は所得から差し引ける控除することで適用されると課税所得が少なくなり税額が少なくなります。
住宅ローン控除は所得控除ではなく税額控除で、課税所得に税率が課されて税金が算定されます。
税額から直接差し引かれ節税効果が高く、住宅ローン控除されて所得税から差し引かれ、差し引く事ができない住宅ローン控除を住民税が軽減されます。
住宅ローン控除だけで所得税が全額還付されてしまう人が多いため、医療費控除の節税メリットがなくなりますが、申告をしておくと申告内容を反映しておくと、算定される所得税額が下がり、所得税から控除されるローン控除が抑えられ住民税の軽減に繋がります。